三日坊主の自身が夢見るものははるか高嶺にあるようです

こちらは飽きくさいところがあり、それのせいで今までの人生の中で「失敗したなあ」とか「無闇だったな」と後悔してしまうことが大層あります。しかしあんな私のモットーが「百年齢の累算」という文句であり、恥ずかしながらこれはけっしてネタではありません。
なにかにつけて自分に都合の良い結果を早急に探し回るオリジナルの私としては、そういう文句に拒絶意見をおこしてもおかしくないのですが、逆に好きであるというのが可笑しいと自分のことながら思ってしまう。
たぶん百年齢や二百年齢、調子に乗ってもっと言ってしまえば千年齢やはじめ万年齢先のことまでも考えようと講じるその出方が素晴らしいと見紛うのです。はじめ万年齢や千年齢は当然のことながら、百年齢直後ですら我々はいないであろうに、自分のいない世界の訳までも考えて計画を立てようというのはロマンを通り越して、何か神々しいものさえ感じてしまいます。そんなことを練るそれぞれは社会に広く貢献する良い人だという勝手な選定備えも私の中であり、私もあんなそれぞれになれたらたとえいいだろうと思ってしまう。ベルタ酵素 売ってる店