なかなかひどい上司にあたってしまったようです。

今の会社に入って数年、私もだいぶ仕事を覚えてきたので仕事に自信と責任を持てるようになりました。と、同時に今後この作業をする人に対して、いかに簡単な方法で作業をさせるか、いかに仕事をしやすいか、これをすればお客さんに喜んでもらえるのではないかと会社の内側外側の人間の役に立つ、少しでも作業が楽になるような方法を提案したり実行したりしています。

それが直属の上司によってことごとくよくない方向に流されています。とにかくダメ、とにかく反対。のオンパレードです。具体的にどのあたりがだめなのか?どういったことが原因でダメなのかを聞いてみても結局結論は同じです。「俺の仕事の負担が増えるからいやだ。これ以上負担を増やすな。その方法に変えるなら今後俺は一切その作業を手伝わない」こうくるのです。相手をスタート地点におかず、自分中心に仕事をする人間が課長クラスとは今時珍しいと思います。まさかの商品について自主的のメモを作ってもそれくらい覚えてもらわないと困る、と申されます。もうやだな、この上司。