「かこさとし 子どもと遊び、子どもに学ぶ」という本を読みました。

子どもの頃、かこさとしさんの本を手に取ることがありました。「からすのパン屋さん」が好きでした。絵本の中にあるパンで食べてみたいパンの味を想像したりしていました。絵本を開くだけで、想像の世界が広がったような気がしています。図書館で別冊太陽「かこさとし 子どもと遊び、子どもに学ぶ」という本を見つけました。ぱらぱらとページをめくってみました。かこさんが色々な本に携わっていらっしゃることが分かりました。どの本にも子供への愛のメッセージがあるように感じます。かこさんの言葉があたたかいです。読んでみたいなと思ったかこさんの本がたくさんあります。一番読んでみたいと思ったのが「すばらしい彫刻」というものです。かこさんが取材しているので、彫刻についてより深く感じられ理解できるのではないかなと感じました。また福井県の越前市にはかこさんの作品を集めた施設があるそうです。限定グッズもあるようなので気になります。私が子供の時以上に、かこさんの本を読み漁りたいと思います。そして福井県越前市に行きたいです。