夜に見ていたテレビで作っていた美味しそうなスコーン

夜にはからずも局をあわせたEテレでお菓子分析をしていました。ブルーベリーを使ったものです。スコーンを作っていたのですが、「こんな感じで組み立てるんだ」という驚きがありました。ともかく、生まれですが、ざっくり固める感じで、こねこね終わるんですね。そうすると硬くなるとか言っていたような…。難なくしたあの歯ごたえはこの処方だったのかと思いました。アマチュア方針だと、粉が残って粉っぽくならないのかと思いましたが。でも、そのあと、がっちりブルーベリーをいれてかきまぜたので、それでぽっきり粉がまざり合うんでしょうね。それを丸めて、幾らかつぶすようにして、包丁で八等分に切っていました。特に自分勝手でいいんだそうです。そういうアバウトなんだ!とここにも驚きました。でも、出来上がりは誠にオシャレで、喫茶店とかで出されていそうな感じです。作りたいなって思えたのは、何しろ簡易だったからでしょうね。品種も取り除ける、時間もかからないというのは凄まじいだ。