給料日の解放感というのはあまりにも危険すぎる

給料日とは嬉しいものですが、同時に危険なものでもあると思っています。
給料日前の一週間、我慢に我慢を重ねてようやく迎えた給料日というのは、もう世界全体がハッピーに見えたりします。
でも、そういう開放感にまかせて、一日でとんでもない金額を使ってしまっていたりします。
そうなると、また次の給料日前に、地獄ような苦しみを味わう羽目になってしまうのです。
前回の給料日も、給料日前には「お給料が出たらあれが欲しい」「これが欲しい」なんて考えていたのですが、今回は必死に我慢しました。
確かにお金はあるときにしか使えないし、ないときにはもちろんないものです。
必要なものはお金に余裕のあるうちに買うべきだという風にも言えるのですが、給料日直後というのは、この「必要なもの」の判断基準が極めて低くなります。
過去の失敗の経験から、私は給料日か一週間過ぎるまでは、極力お金を使わないようにしています。
いつでも買える状態だけどそこまで我慢できるようなものなら、そこまで必要ではないのかもしれないと思ったりするのです。